便秘に効く食品成分について

まず、紹介したい便秘に効く成分は、3つあります。

次に、1つ目は、難消化性デキストリンです。水分を抱え込み、保持する性質がある為、便通量を増やして便の通過時間を短くする働きがあります。

数個のαグルコースがグリコシド結合によって重合した物質の総称であり、澱粉の1種です。

栄養機能食品の低カロリー飲料やお菓子に利用されています。ミネラルの吸収が阻害されないので、様々な食品に含有されます。

また、低粘性、低甘味で水溶液は透明、耐熱性や耐酸性に優れているので、体内に取り込みやすいです。
整腸作用や内臓脂肪の減少に効果があり、1日9g摂取すれば、食後血糖値の上昇抑制にもなります。内臓を綺麗に保つ事は、便秘の改善に役立ちます。

そして、2つ目は、不溶性食物繊維です。大腸内で発酵し、分解されてビフィズス菌を増やし、腸を健康に保ってくれます。野菜や豆、穀類に多く見られます。
最後に、3つ目は、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は不溶性食物繊維よりも更に発酵性が高いです。
食物繊維は、きくらげや寒天等の海草に多く含まれています。1日摂取量は20gです。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の効率の良い摂取比率は、1:2です。

栄養成分に関してはサプリメントが一番です。便秘のサプリメントを探すのはここがおすすめです。

便秘に効くサプリ

栄養成分に気を遣って便秘を改善させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です